「きょうと府民だより」は、毎月1日に発行しています。

「きょうと府民だより」ホームページでは、音声版と同じ内容の音声をお聞きいただけます。

 

京都市、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、大山崎町、久御山町、精華町にお住まいの方へは、各ご家庭の郵便受けなどに直接お届けします。配布期間は毎月1日~7日です。届いていない場合などはご連絡ください。

 

その他の地域にお住まいの方へは、新聞折り込み(京都、朝日、毎日、読売、産経の各新聞) によりお届けしています。
新聞を購読されていないなどの理由で届いていない場合、ご連絡いただければ無料でお送りします。

 

府内在住の視覚障害の方を対象に点字版、文字拡大版、音声版も発行しています。

 

お問い合わせ:知事直轄組織広報課

TEL:075-414-4071

FAX:075-414-4075

e-mail:koho@pref.kyoto.lg.jp

きょうと府民だより*1月号

きょうと府民だより2022年1月号(すべて

 

●新型コロナウイルス感染症の影響により、イベントが中止や延期となる場合があります。それぞれの問い合わせ・申し込み先や各施設に確認をお願いします。

 

令和4年 年頭のごあいさつ

京都府知事 西脇隆俊

昨年の新型コロナウイルス第5波では、これまでに経験したことのない感染拡大を引き起こしました。この波を乗り越えられたのも、すべての府民の皆さま・事業者の皆さま、そして医療従事者をはじめ関係の皆さまのご協力の賜(たまもの)であり、心から感謝と敬意を表する次第であります。
人類が対峙(たいじ)する新型コロナウイルスは、生命や健康を脅かすだけでなく、世界経済をも混乱に陥れました。われわれは感染予防対策を日常生活に取り入れ、ワクチン接種を進め、医療提供体制を整えるなど、この困難を乗り越えるため、力を合わせ立ち向かっています。
「あなたが一人で見る夢はただの夢だ。みんなで見る夢は現実になる ~A dream you dream alone is only a dream. A dream you dream together is reality~」
これは、ヨーコ・オノとジョン・レノンが伝えるメッセージです。
われわれは困難を乗り越えた先に見える「夢」を現実のものとするため、力強く歩まなければなりません。夢の形は人それぞれですが、誰もが夢を抱き、夢に向かってチャレンジすることができる社会を築きたい。そのためには「府民と共に京都夢実現プラン(京都府総合計画)」をさらに前進させる必要があります。
こうした中、これからの京都発展の原動力となる文化庁の京都移転、新名神高速道路の開通、大阪・関西万博の開催が続きます。時機を逸することなく、京都が持つ魅力の源泉である文化の価値をしっかりと国内外に発信することはもちろん、基盤整備を活かした産業戦略と一体となった雇用戦略の展開など、京都の夢を実現するため、着実に取り組んでまいります。
今年は寅(とら)年です。「寅」は動くを意味し、芽の出たものが成長していく年です。明治以来初の中央省庁の移転となる、文化庁の京都移転という新しい幕開けに向け、この一年がよりいっそう弾みとなりますよう、皆さまと一緒に夢に向かって邁進(まいしん)してまいります。
今年一年の皆さまのご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 

令和3年の府政ダイジェスト

 

新春鼎談

府内の中小企業に寄り添い、各事業者が抱える課題に伴走支援してきた京都産業21の新旧理事長をお迎えし、コロナ禍における挑戦を振り返りながら府の活力源となる産業界の底力と未来への可能性を展望します。

 

公益財団法人京都産業21前理事長
株式会社村田製作所 代表取締役会長 村田 恒夫氏

 

公益財団法人京都産業21理事長
株式会社島津製作所 代表取締役社長 上田 輝久氏

 

京都府知事 西脇 隆俊
府内で新型コロナウイルスの陽性者が報告されてから約2年。感染の拡大と長期化で社会経済活動が甚大な影響を受ける中、府は公益財団法人京都産業21(以下「産業21」)と連携して中小企業支援を行ってきました。今回、その前理事長の村田氏と6月からバトンを受け継いだ現理事長の上田氏を招き、京都産業のビジョンを語り合いました。

 

新春メッセージ2022

田中希実(のぞみ)選手

陸上・中長距離(豊田自動織機TC所属)、同志社大学4年生

陸上女子1000m・1500m・3000mの日本記録保持者。東京2020大会では1500mで日本人初の8位入賞を果たす。女子中距離種目での入賞は93年ぶりの快挙。

次の大会に向け、世界に通用する走りを!

新年おめでとうございます。昨年は多くの応援も支えに、東京2020オリンピック大会で1500m入賞を果たせたこと、本当にうれしかったです。次の世界陸上やオリンピックでは、中距離のスピードを生かし、悔しさが残る長距離でもいい成績を狙い練習を重ねます。今年卒業ですが、大学生活を送る京都は半分地元のような感覚なので、世界で活躍する姿をお見せし、京都の皆さまにずっと覚えていただけるような存在でいたいと思います。

 

堀越信司(ただし)選手

陸上競技・マラソン(NTT西日本陸上競技部所属)

先天性網膜芽細胞腫により右眼は義眼、左眼の視力は約0.03。北京2008大会に5000m・1500mで出場後、実業団に所属し京田辺市で練習を重ねた。東京2020大会で銅メダルを獲得。

皆さまの応援を胸に、走り続けます!

あけましておめでとうございます。昨年の東京2020パラリンピック出場の際は、府民の皆さまの応援に支えていただき、悲願であったメダルを獲得することができました。本当にありがとうございました。2022年も、パリ2024パラリンピック大会に向けて精一杯競技に打ち込み、明るい話題をお届けすることができるように頑張りますので、引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

澤田瞳子(とうこ)さん

165回(2021年)直木賞受賞小説家

京都市生まれ、同志社大学卒業。2010年『孤鷹の天』でデビュー以降、精力的に作品を発表する。作品の数々で名だたる文学賞を受賞し続け、2021年『星落ちて、なお』で直木賞を受賞。

誰もがより良く生きられる社会に

新春を迎えるにあたり、皆さまのご健勝と益々(ますます)のご繁栄をお祈り申し上げます。去年は一昨年に続き、新型コロナ感染症に翻弄(ほんろう)された年となりました。ただその日々は、そばにいてくれる人たちのかけがえのなさ、各々(おのおの)のお仕事に邁進(まいしん)なさる方々のありがたさに気づくとともに、自分が出来(でき)ることについて考える機会ともなりました。誰もがより良く生きられる社会とは何か。その問いを常に胸に、新しい年を過ごしたく思います。

 

山本 茜さん

截金(きりかね)ガラス作家

京都市立芸大在学中に截金を始め、人間国宝・江里佐代子氏に師事。截金とガラスを組み合わせた独自の表現手法で、源氏物語を主題にする作品をライフワークとして創作活動を続ける。

日本文化の粋を育んできた京都は私の誇り

子どもの頃から大好きだった源氏物語を描きたいとの思いから、京都で日本画を学ぶうち、截金という技法に出合いました。この繊細な美を受け継いできた京都で創作活動ができることは、私の誇りです。今年は、コロナ禍での自粛生活の中でじっくり温めてきた作品の構想を一つひとつ形にし、多くの皆さまに見ていただけるよう作品制作に励んでまいります。新たな年が皆さまにとって素晴らしい一年となりますようお祈りいたします。

 

新型コロナウイルス感染症に関する各種相談先など

年末年始など医療機関が休みでお困りの際にご相談ください

年末年始の医療・検査体制については府ホームページでご確認いただけます

 

緊急時にはためらわず119番へ

子どもの急病や怪我などが心配になった場合

小児救急電話相談

日時 午後7時から翌朝8時、土曜は午後3時から(祝日・年末年始を除く)、年中無休

[お問い合わせ]

TEL:#8000

 

救急車を呼ぶか迷ったら

救急安心センターきょうと

日時 24時間対応、年中無休

[お問い合わせ]

TEL:#7119

 

発熱症状などがある場合

新型コロナ医療相談センター

※身近な医療機関が休診、かかりつけ医がいない場合など

日時 24時間対応、年中無休(京都府・京都市共通)

[お問い合わせ]

TEL:075-414-5487

 

クローズアップ京都府

全力応援

京都サンガF.C.がJ1昇格を果たす

京都サンガF.C.は11月28日、J2第41節でジェフユナイテッド千葉に引き分けて勝ち点1を積み上げ、12年ぶりとなるJ1昇格を果たしました。チーム、サポーターをはじめ、関係するすべての人が、心を一つにして突き進んだ努力が、ついに実を結びました。いよいよ2月から、舞台をJ1に移し2022シーズンが開幕します。京都サンガF.C.の新たな挑戦を、サンガスタジアムby KYOCERAで応援しましょう!

 

ふるさと納税制度を用いた寄附金を募集しています

寄附金は「府民スポーツ振興基金」に積み立て、活用させていただきます。5万円以上のご寄附でネームプレートを掲出します。スタジアムにあなたの名前を残しましょう!

[お問い合わせ]

文化スポーツ施設課

TEL:075-414-4225 FAX:075-414-4223

 

GO GO!子育て応援隊 第17回

 

府警あんぜん広場

京都平安策2022 令和4年 京都府警察業務運営指針

 

力強く頼りがいのある警察

推進重点

●地域の情勢に応じた犯罪抑止対策と少年非行防止対策の推進
●子供・女性・高齢者等の安全確保と犯罪被害者支援の充実・強化
●府民に不安を与える犯罪の徹底検挙と組織犯罪対策の充実・強化
●交通死亡事故抑止対策の推進
●サイバー空間の脅威への的確な対処
●テロ等違法行為の未然防止と緊急事態への対処
●社会の変化に適応する警察基盤の充実・強化

 

京都府警察公式YouTubeチャンネル」を開設しました(外部リンク)

交通安全や被害防止、音楽隊や白バイ動画が盛りだくさん。ぜひご覧ください。

[お問い合わせ]

京都府警察本部広報接課

場所 〒602-8550 京都市上京区下長者町通新町西入

TEL:075-451-9111(代表)

更新履歴
2022.1.19

いっしょブログを更新

 

2022.1.1

府民だより*1月号

 

2021.12.15

活動報告に【2021年 vol.032】追加

※PDFデータでもご覧いただけます。

 

2021.12.15

街ナカ実績@Appに【第31号・第32号】追加