「きょうと府民だより」は、毎月1日に発行しています。

 

京都市、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、大山崎町、久御山町、精華町にお住まいの方へは、各ご家庭の郵便受けなどに直接お届けします。配布期間は毎月1日~7日です。届いていない場合などはご連絡ください。

 

その他の地域にお住まいの方へは、新聞折り込み(京都、朝日、毎日、読売、産経の各新聞) によりお届けしています。
新聞を購読されていないなどの理由で届いていない場合、ご連絡いただければ無料でお送りします。

 

府内在住の視覚障害の方を対象に点字版、文字拡大版、音声版も発行しています。

 

お問い合わせ:知事直轄組織広報課

TEL:075-414-4071

FAX:075-414-4075

e-mail:koho@pref.kyoto.lg.jp

きょうと府民だより*1月号

きょうと府民だより2021年1月号(すべて

 

令和3年 年頭のごあいさつ

 あけましておめでとうございます。府民の皆さまにおかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルス感染症によって、府民生活や社会経済活動がかつて経験したことのない甚大な影響を受けた年でありました。さまざまな困難の中、感染拡大防止にご協力を頂いているすべての府民の皆さま、事業者の皆さま、医療従事者をはじめ関係の皆さまに、心から感謝と敬意を表する次第であります。
 人類は長い歴史において幾度となく感染症の脅威にさらされながら、必ず乗り越えてきました。
 「下を向いていては、虹を見つけることはできない You’ll never find a rainbow if you’re looking down」
 これは世界の喜劇王、チャールズ・チャップリンの言葉です。コロナ禍を乗り越えた先にある、未来に夢や希望を持てる新しい京都に向かって、われわれは上を向いて歩んで行かなければなりません。そのための足元固めとして、医療・検査体制については関係機関の協力のもと、京都府が責任を持って対応してまいります。また、地域経済に活力を取り戻し、府民の皆さまの生活と雇用をしっかりと守ってまいります。その上で、京都府総合計画に掲げた将来像の実現に向けて、府民の皆さまが実感できる積極的な施策を推進し、全庁一丸となって取り組みをさらに加速させていく所存です。
 いよいよ本年には「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」が、翌年には「ワールドマスターズゲームズ2021関西」が開催されます。人類が新型コロナを克服した証しとして大会を成功に導き、さらには2022年度中の文化庁の全面的な移転など、京都の持つ文化の力で、地域の隅々まで光が満ちるように元気な未来を築いてまいります。
 本年は丑(うし)年。牛の歩みも千里と申すように、一歩一歩、力強く歩みを進め、成功を導く年とされています。地域に子どもたちの笑い声が響き、すべての府民が笑顔で過ごせる京都を実現するため、皆さまと共に歩んでまいりたいと願っております。
 皆さまにとりまして、本年が健やかで幸多き一年でありますよう心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 

令和2年の府政ダイジェスト

 

新春対談 丁寧に暮らす

ゲスト  トラウデン直美

(1999年京都市生まれ。慶應義塾大学在学中の知性派モデルで、ドイツ人の父と日本人の母を持つ。「2013ミス・ティーン・ジャパン」グランプリを受賞。13歳で小学館『CanCam』の史上最年少専属モデルとしてデビューし、ファッションショーにも多数出演。)

報道や情報番組で湖面テーターとしても幅広く活躍するファッションモデル、トラウデン直美さんをゲストに迎え、生まれ故郷・京都への思いや自身の関心事である環境問題など、さまざまな話題について語り合いました。

※新型コロナウイルス感染症対策を万全にした状態で取材・撮影を行いました(令和2年11月7日)

 

京都府 新型コロナウイルス感染症情報

3つの約束を守って感染の連鎖を断ちましょう!

新型コロナウイルス感染症対策において、感染の連鎖を断ち切ることが非常に重要です。そのために、改めて「感染防止対策」と、感染リスクの高い「飲食機会」での対策を徹底しましょう。

 

■感染防止対策の「3つの約束」

1.いつでも3つの基本 マスクを着けよう/手を洗おう/距離をとろう

2.寒くても換気と保湿

3.外出は体調と相談 不調があれば家にいよう

 

飲食機会の「3つの約束」

1.マスクを外すなら大声は出さない

2.宴会は2時間を目安に

3.体調が悪ければ参加しない

 

発熱症状などのある方は身近な医療機関に電話を

◎医療機関が指定した時間に診察し、医師の判断により新型コロナウイルス感染症やインフルエンザの検査を行います(または、検査のできる医療機関を紹介します)。

◎夜間や医療機関が休みの時、かかりつけ医のいない方は、きょうと新型コロナ医療相談センターに連絡を(TEL 075-414-5487/365日24時間/京都府・京都市共通)

 

クローズアップ京都府

西脇知事が府民の声を直接聞く「行き活きトーク」。今回は、木津川市・精華町にあるけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)を訪問。「起業するなら京都!」をテーマにスタートアップ企業や支援機関の皆さんと意見交換をし、初めて視聴者参加型のライブ配信も行いました。また、木津川市のオムロン株式会社で人の能力や感情で返球を変えるAIを搭載した卓球ロボットとラリー、KICKではWILLER株式会社の自動運転自動車に試乗。最先端の技術を体験しました。

※新型コロナウイルス感染症対策を万全にした状態で取材・撮影を行いました(令和2年11月11日)

 

GO GO!子育て応援隊 第7回

 

4広域振興局の気になる地域HOT情報

■丹後広域振興局

・きょうと子育て環境日本一丹後地域サミットオンラインシンポジウムを開催

・冬期「海の京都旬の食材フェア」開催中!!(2月28日まで)

・「海の京都冬の美食キャンペーン」開催中!!(2月28日まで)

 

■中丹広域振興局

・新産業創出イノベーション交流会を開催

・就活の味方「UIJターン登録」を

・京都中丹いちおし商品を厳選して紹介

 

■南丹広域振興局

・有害な野生鳥獣への備えを専門家チームが支援

・ウォーキングで楽しむ健康づくり

・桂川霞堤(かすみてい)を整備し治水安全度を向上

・冬の京都丹波でこだわりの食材を味わう

 

■山城広域振興局

・新名神高速道路の全線開通を見据えた交通整備

・オンライン「宇治茶ムリエ講座」

・「京やましろ産ごちそうマップ」発行

・「#京都やましろグルメライター」で検索!

 

府警あんぜん広場

更新履歴
2021.1.1

いっしょブログを更新

 

2021.1.1

府民だより*1月号

 

2021.1.13

活動報告に【2021年 vol.029】追加

※PDFデータでもご覧いただけます。

 

2020.9.23

街ナカ実績@Appに【第28号】追加