上鳥羽大物町に農業用水路に転落防止柵が設置

転落防止柵
農業用水路に転落防止柵

 京都市南区の上鳥羽大物町にある農業用水路にこのほど、転落防止柵が設置された。

この水路には、転落防止用の鉄板状のふたが置かれていたが、破損して深さ約2メートルの水路内に落下したまま、危険な状態が続いていた。

 地域の方から状況を聞いた党員が公明党の小鍛治義広府議に相談。同府議は市南部土木事務所に早期改修を働き掛け、水路の危険個所に鉄製の転落防止柵が設置された。

 地域の方は「子どもたちが誤って落ちる危険性がなくなり、安心している」と語っていた。(公明新聞より)

更新履歴
2017.11.2

いっしょブログを更新

 

2017.3.9

活動報告に【2017年 vol.019】追加

 

2017.11.11

街ナカ実績@Appに【第18号】【第19号】追加