2015年

3月

30日

3月30日 街頭演説

3月28日(土)にはJR京都駅八条口前で、京都府本部代表の竹内ゆずる衆議院議員が、また翌29日(日)にはJR西大路駅前で、雨の中、党本部より党政調会長の石井啓一衆議院議員が駆けつけてくださり、大道よしとも市会議員と一緒に街頭演説を行いました。

JR西大路駅のバリアフリー化や西高瀬川の整備事業が国、府と市の連携によって検討・実施されていることや、みなみ希望まちづくりビジョンについてアピールしました。

続きを読む

2015年

3月

11日

3月11日 東日本大震災から4年…

東日本大震災の発生から4年。

本日、早朝より、JR西大路駅前にて街頭演説会を行いました。

市会の大道義知議員とともに、東北3県を含む被災地の復興の加速を誓いました。

私は震災直後に福島県へ行きました。こんなところにまで津波が来たのかと想像もつかない自然の脅威と、現実の厳しさを間近に見ることは本当につらく悲しいことで、言葉を失ってしまいました。

経験を風化させることなく、地元南区に関しても、さらなる防災対策が必要との訴えをさせていただきました。

現在、南区を流れる一級河川の西高瀬川の整備が急ピッチで進んでいます。

続きを読む

2015年

3月

06日

3月6日 京都東山花灯路がスタート

今年も京都東山花灯路がスタート致しました。オープニングセレモニーは清水寺にて行われました。

花灯路は15日(日)まで、点灯時間は午後6時〜9時30分となっております。さまざまな催しもありますので、ぜひお立ち寄りください。

続きを読む

2015年

3月

05日

info:京都東山花灯路2015

日時:3月6日(金)〜15日(日)

点灯時間:午後6時〜9時30分

続きを読む

2015年

3月

05日

3月5日 2月定例会一般質問より

ヘルプマーク(東京都福祉保健局)
ヘルプマーク(東京都福祉保健局)

先頃行われました、2月定例会にて、京都府におけるヘルプマークの必要性・普及について質問しました。

 

こかじ質問

 本年4月から「障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例」が施行される。それに伴い、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々について、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせる取り組みが必要である。

 東京都では、ヘルプマークというものを作成し普及に取り組んでいるが、本府においても、本人の意志での申請による携帯となるが、援助や配慮が必要な方を知らせるヘルプマークのようなものが必要と考えるがどうか。

 また、民間企業への働きかけも実施し、ヘルプマークを身につけた方が困っていれば声をかける等、思いやりのある行動が自然とできる社会づくりが必要と考えるが所見を伺いたい。


健康福祉部長答弁

 ヘルプマークは、外見からは分かりにくい障害等をお持ちの方が、公共交通機関や公共施設等を利用する際に、周囲の方々からの手助けを得やすくするためにも大変有効な手段です。

京都府においてもヘルプマークの導入に向けて、検討を進めてまいりたいと考えておりますが、現在導入している東京都では、都営地下鉄等の導入にとどまっているなど、その普及が課題とお聞きしています。

 今後、障害当事者の方々をはじめ、公共交通事業者の皆様方や市町村等からも十分ご意見をお聞きし、効果的な導入方策に向けて、具体的に検討してまいりたい。

 本年4月から「障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例」が施行されることになりますが、これを契機に、障害のある方々を思いやり、支援することのできる社会づくりを進めるため、来月から、新たに広く府民の方々を対象とした「障がい者支援サポーター」養成事業を府内7箇所で開始することとしておりますが、こうした取り組みや、「京都おもいやり駐車場利用証制度」の更なる普及に向けて、民間企業等の皆様方にもご協力をいただき、障害の有無にかかわらない共生社会の実現をめざしていく。

続きを読む

更新履歴
2017.5.24

いっしょブログを更新

 

2017.3.9

活動報告に【2017年 vol.019】追加

 

2017.7.13

街ナカ実績@Appに【第16号】【第17号】追加