2015年

2月

15日

info:みなみ希望まちづくりビジョン

本年南区は、昭和30年下京区から分区し、区制が発足して60周年の佳節を迎えます。

 

南区で生まれた私の家には、お風呂が無かったため(当時、“内風呂”はほとんどありませんでした)、家族で毎日銭湯に行って育ちました。家のアパートの鍵は、よくあけっぱなしだった記憶があります。

 

その後日本は高度成長期になり、南区も私が育ったころと比べ、新駅JR桂川駅もでき、住宅環境や商店街も含めた生活環境も大きく様変わりしました。

 

しかし現在では、人口減少社会の到来に向けて、次世代につなぎ、未来を創るための「発展思考のまちづくり」が極めて重要な時代となっています。子どもの出生率を見ても、京都市内の全区の中で南区は1.48人と、実に11年連続第1位の座を維持しています。

 

南区制60周年の節目である2015年は次の時代への大きな転換点です。

この機を踏まえ、私はこのほど、大道市会議員とともに、「みなみ希望ビジョン」を提案しました。まちづくりといっても、建築物等の施設整備だけでは意味がありません。人が生きるまちづくりが不可欠です。 住み慣れた地域で幸福実感のある生活ができるためには、経済優先の社会から、平和・人権・環境・文化・教育・福祉等の人を応援する政策を一歩前に進めることが大切なのです。

私たちは「人が生きる地方創生」を実現するため、バリアフリー観光おもてなし多文化共生子育て防災安全文化芸術創造動物共生の7つを指標に、希望と魅力あるまちづくりを推進することをお約束します。

 

続きを読む

更新履歴
2017.9.21

いっしょブログを更新

 

2017.3.9

活動報告に【2017年 vol.019】追加

 

2017.7.13

街ナカ実績@Appに【第16号】【第17号】追加