南区内で地域女性フォーラムを

 先ごろ、京都市南区内で地域女性フォーラムを開催した。

 このフォーラムは26年前から毎年開催しているもので、今回は木村好美・京都市保健衛生推進室担当部長が「ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)の予防」をテーマに講演した。

 木村さんは、加齢とともに筋肉、関節など体を動かす運動器の機能が低下し、つまずいたり転倒しやすくなる危険性が高くなることを指摘。その上で、「要介護や寝たきりにならないために、日常から適度の運動が必要だ」と訴え、片足立ちやスクワット(膝の曲げ伸ばし)、ウオーキングなど無理のないペースでトレーニングを続けることを勧めた。

 大道義知・党府幹事長(京都市議)、小鍛治支部長があいさつし、「健康長寿社会をめざし、さらに環境整備を進めていきたい」と語った。(公明新聞より)

更新履歴
2018.9.25

いっしょブログを更新

 

2018.12.1

府民だより*12月号

 

2018.11.1

活動報告に【2018年 vol.023】追加

 

2018.9.25

街ナカ実績@Appに【第22号】【第23号】追加